交通費精算システム完全ガイドTOP » 精算が劇的改善!クラウド型交通費精算システム16選 » WiMS/SaaS

WiMS/SaaS

このページでは経費/交通費精算システム「WiMS/SaaS」の情報を調べています。

WiMS/SaaSの基本DATA

WiMS/SaaS

引用元:WiMS/SaaS公式サイト https://wims-saas.solty.co.jp/products/keihi.html

  • システム名:WiMS/SaaS
  • 初期費用:要問い合せ
  • 月額料金:30,000円~
  • 無料トライアル期間:1ヶ月
  • 導入企業…近鉄エクスプレス、アイエックス・ナレッジ、八千代産業、インフォテック・サービス、大興電子通信など
  • 運営会社…株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー

最安月額1,000円~!交通費精算システム16社比較を見る

WiMS/SaaSの口コミ評判を調査

  • これまでは、精算書を事業所ごとにExcelでまとめ、毎日現金精算を行っていました。会計システムへの入力作業もあるので、二重の手間が発生しており、経理担当者の業務負担はかなり大きかったのではないかと思います。支払いは現金精算のみだったので、「キャッシュレス化」や「ペーパーレス化」は、大きな課題でした。現在は現金精算を廃止し、銀行振込に変更。おかげで出納帳の記載や、日々の残高チェックなどがなくなり、経理担当者の負担が軽減されました。転記ミスもなくなり、助かっています。またWiMS/SaaSはマスタ設定で自動仕訳が可能で、確定前に経理による手修正も可能なので、全体的に業務効率化を実現できています。今後は空いた時間でデータ分析を推進し、経費削減のための対策を立てていきたいと考えています。

WiMS/SaaSの特徴

WiMS/SaaSは、業務システムのクラウドサービスです。その内容は、経費精算にとどまりません。勤務管理、人事諸届申請、借入金管理、そして給与明細照会など多岐に渡っているのです。

ユーザーは必要となるソリューションを、組み合わせて利用することが可能。各業務で重複していたデータの一元管理も可能となるので、社内のIT化を一気に進めたいという向きには、要注目のサービスと言えそうです。経費精算システムに関しては、入力時の負担やミスを防止するスマートな精算画面を実現しています。

またICカードの情報を取り込み機能や「ジョルダン乗り換え案内」との連携で、交通費精算もスムーズに進められます。既存の会計システムとの親和性も高いので、経理担当者も安心。さらに振込が必要な承認済の伝票内容を、ファームバンキングデータとして出力可能という機能も備えていますよ。WiMS/SaaSサービス全体として、一般財団法人マルチメディア振興センターが運用する「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」において、「安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービス」として認定されています。セキュリティ面でも安心して利用できそうですね。

入力補助機能が充実

WiMS/SaaSは、勘定科目を意識せずに摘要を選択すると、明細入力をしたものが自動で仕訳されるようになっています。精算と承認から申請画面を確認でき、精算が何に対するものなのかもわかりやすいです。日当や交通費に関しては役職や出張条件で自動算出、また交通費精算は過去に入力していた内容を学習する機能もあります。自動表示されるようになっているため、よく行く行先に関しては自動表示で入力も簡単です。

入力補助機能が充実しているため、入力の際の負担を軽減。また承認者や担当者がチェックする際にもわかりやすく、業務を効率化してくれます。

多様な承認ルートが設定できる

申請内容・所属部署・役職といった条件に基づき、承認ルートの設定ができます。所属長の承認。プロジェクトごとの承認ルート・金額や特定の科目を含む際の分岐など…ワークフロールートはカスタマイズなしで設定ができるようにもなっています。

また、承認者が差し戻しをする時に差し戻しの理由を記載することもできます。承認理由や差し戻し理由を明記・追記することによって、誰がどんな理由で承認したのか、差戻したのかも明確です。

自動チェックで確認・差し戻し作業の負担が軽減

出張旅費や交際費など…それぞれの規定を規程することができます。その規定を満たしていない申請内容が入力されると、自動チェックが行なわれます。警告が表示されて申請者が提出できなくなるため、確認・差し戻し作業の負担が軽減されるでしょう。規程とシステムを一致させると、意図していない経費を計上するリスクも減らすことができます。

スマートフォン・タブレットとの連携でどこでも申請精算ができる

PCでの使用だけでなく、スマートフォンやタブレットと連携させて使用ができます。申請・承認・精算いずれも行なえるため、外出が多くてなかなかPCを使って入力ができない社員も、忙しくてあまり社内にはいられない上長も、スマートフォンやタブレットで申請や確認ができるようにすることで、申請や承認がよりスムーズです。

精算や承認はまとめて行なうとなると、かなりの時間を費やしてしまいます。空き時間や移動中に申請や承認ができれば、時間も有効に使えます。また、確認者から申請するべき社員などに交通費精算を促す必要もなくなり、確認者の業務がスムーズに行なえるでしょう。

メールで承認者や申請者への通知が可能

提出・承認・差し戻しといった段階において、メール通知をすることができます。メールで通知を受け取ることによって、承認のし忘れや差戻された内容の確認忘れも未然に防げるでしょう。

「ジョルダン乗り換え案内」との連動

経路検索ソフトである「ジョルダン乗り換え案内」と連動させることができ、使用した経路を登録・選択するだけで金額を反映してくれます。一から経路とともに金額を計算して交通費精算を行なう必要がなくなるだけでも、申請者の負担が軽減されるでしょう。運賃に改定があった場合には反映が即行なわれるため、間違えて申請してしまう心配もありません。

交通費清算は、経費精算の中でも最も煩わしいとされています。こまごまとした金額がたくさんあり、外出が多い場合は精算しなくてはならない交通費もたくさん。毎月月末になると、精算をすることばかりに気をとられてしまいますが、WiMS/SaaSであれば申請が楽になるため、本業に力を注いで仕事ができますね。

さらに、スマートフォンアプリによって交通系ICカードの利用履歴を交通費精算に反映も可能。ジョルダン乗り換え案内との連動とともに、交通費精算の負担を軽減してくれます。煩わしい入力や計算をしなくても良くなるだけで、交通費申請の手間をかなり減らすことができるでしょう。

【編集部のコメント】

こちらのサービスは単体での利用も可能だが、もともと経費精算に特化しているわけではない。

初期設定サービスに関しても業務要件確認のうえ、ユーザー検証/教育のサポートが付帯されているため、費用は企業によって大きく異なる様子。このため中規模以上で、毎月多数の経費や交通費を精算するという会社におすすめと言えそう。
  有料システムと
連携したい
使用人数を抑え
コストカットしたい
申請・承認システムも
使いたい
  rakumoケイヒ kincone 楽々清算
初期費用 0 0 100,000円~
月額 300円/1ユーザー 200円/1ユーザー 30,000円~/固定
トライアル 【14日間無料!】
トライアルをチェック
公式サイトへ
【60日間無料!】
トライアルをチェック
公式サイトへ
【無料期間不明】
トライアルをチェック
公式サイトへ
  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部