交通費精算システム完全ガイドTOP » 精算が劇的改善!クラウド型交通費精算システム16選 » rakumoケイヒ

rakumoケイヒ

このページでは経費/交通費精算システム「rakumoケイヒ」の情報や評判を調べています。

rakumoケイヒの基本DATA

rakumoケイヒ

引用元:rakumoケイヒ公式サイト https://rakumo.com/product/expense/

  • システム名:rakumoケイヒ
  • 初期費用:0円
  • 年間料金:3,600円/1アカウント※年間単位の契約のみ。
  • 無料トライアル期間:2週間
  • 導入企業…スポニチクリエイツ、テレビ東京ホールディングス、エコテック、クラウドワークス、証券ジャパンなど
  • 運営会社…rakumo株式会社

さらに安い交通費精算システムも紹介しています

rakumoケイヒの口コミ評判を調査

  • 経費精算システムを導入すれば、経理の仕事が効率化するのは当然。ですから重視したのは「現場の社員にとって使いやすいこと」でした。 「rakumoケイヒ」は、カレンダーやワークフローと合わせて使うことが可能なので、営業/経理双方の業務工数を削減できています。また弊社は営業スタッフが国内を飛び回っているため、月2回経費の締め日を設けているのですが、rakumoがその機能を実装してくれたので、すぐ導入させていただきました。
  • 導入当初はスタッフが少なかったので、エクセルに入力して経費申請を行ったほうが早いというケースはありました。でも徐々に社員数が増え、営業の出張・外出機会が増えてきたので「rakumoケイヒ」を早めに入れておいて良かったと思っています。外出先で操作することが多いのですが、スマホからも見やすく、満足しています。承認・確認・差し戻しのほかに「スルー」という機能を付けてくれると、うれしいですね。
  • rakumoに関しては「ケイヒ」、「ワークフロー」、「タイムレコーダー」の3つを導入しています。アルバイトの給与精算は「タイムレコーダー」のデータを、ボックスを通じて共有するだけですし、経費精算も「ケイヒ」から出力したデータを領収書とまとめて郵送するだけ。帳票管理は非常に厄介なものですが、うちはそうしたものを外部に切り離し、本業に集中することで、スピーディな成長を目指しています。

rakumoケイヒの特徴

「rakumoケイヒ」はクラウド型経費精算ソリューション。GmailやGoogleドライバーなど多彩な機能をクラウドで提供するG Suite(旧:Google Apps)の、アドオンツール(有料サービス)のひとつです。経路検索の「ナビタイム」と連携しているので、経費精算画面から運賃・乗換情報を呼び出し、簡単に交通費計算。定期区間を自動控除することが可能。

申請書をPDF変換し、GoogleDriveへ保存することもできます。また会計システムの仕様にあわせ、データ出力項目を設定することができるので、経理担当者の仕訳作業もスムーズに進められるでしょう。rakumoは「カレンダー」や「ワークフロー」など別の有料システムをリリースしています。連携することでさらなる使い勝手の良さが実感できるようになりますよ。

運賃・乗換え情報との連携で素早く交通費精算

NAVITIMEで提供されている情報を利用して交通費計算を簡単にしているのが、rakumoケイヒ最大の特徴です。経費精算画面より、運賃・乗換情報を呼び出しするだけで、定期区間は自動で控除しながら簡単に交通費清算ができます。

面倒に感じていた交通費清算も、ただ入力するだけで自動で情報が表示されるため、時短でとにかく楽です。

100%クラウド!面倒なシステム運用は不要!
rakumoカレンダーとの連携で、スケジュールから交通費を自動計算

rakumoカレンダーを使ってスケジュールを入力しておけば、スケジュールからかかるであろう交通費を自動計算してもらえます。カレンダーにスケジュールを入力するだけでOKなので、スケジュール管理さえしっかりと行っていれば、とても正確な交通費が算出されます。面倒なシステム運用をする必要はありません。今まで月末になってから慌てて調べて入力していた交通費も、あらかじめスケジュールから自動で計算された内容をチェックするだけで終了です。

カレンダー連携機能を使用するためには、rakumoケイヒとrakumoカレンダーの両方を契約する必要はありますが、カレンダーもスケジュール管理といった点でビジネスには必要不可欠なので、スケジュール管理を兼ねて使用しましょう。

交通費かんたん入力

社員がいつまで経っても交通費清算をしてくれない、締め切りが守られずに経理部門も困る…これが従来の交通費清算でした。今でも締め切りを過ぎてからの経費精算申請や、催促しなければ申請がされないといった問題で頭を悩ませてる経理の人、また事業主も多いのではないでしょうか。

また、申請されても申請内容が間違っていれば修正を依頼しなくてはならず、毎月の経費精算には手間がかかります。申請する側にとっても、申請に時間がとられてしまい、それ以外の仕事に使える時間が減ってしまうことが煩わしく感じることもあるでしょう。

こういった問題を解決するように、交通費はかんたん入力ができるようになっています。自動で情報が入力されるようになっているため、選択するだけでOKです。

承認ワークフロー設定

rakumoケイヒとrakumoワークフローを連携させることによって、経費精算からワークフロー申請までがシームレスになります。社員はrakumoケイヒからワークフロー申請も同時に行えるようになるため、経理部門はrakumoケイヒからの申請を確認するだけで経理処理ができます。

今まではワークフローからの申請書とケイヒからの申請書を合わせてチェックしていた手間が省けるでしょう。

rakumoケイヒ導入のメリット

経営者にとってのメリットは、従業員の経費申請を処理する手間がかからなくなることです。経費申請のチェックや処理にかかっていた時間が効率化されたおかげでかなり少なくなるため、その分重要な業務や仕事に費やす時間を増やすことができます。会社の生産向上に役立てることができるでしょう。

続いて、経費部門についてのメリットは、やはり時間の短縮や業務の効率化です。1人1人の申請内容をチェックする手間が省けます。入力作業を効率化させてくれますし、人が行うと発生しやすい情報のミスも正確さが増すため、今までよりも楽に、そして正確に経費精算処理ができます。経理部門で行う集計や仕分け作業の効率化がメリットです。

そして最後に、社員にとってもメリットがあります。社員としては、いつも経費精算を申請すること自体が面倒に感じているものです。ついつい忘れてまとめて月末に…となっても時間がかかってしまいます。しかし、申請作業自体が簡単でわずかな時間で終わるとなれば、申請作業の手間はかなり削減されます。今まで時間がかかって悩んでいた交通費計算も楽々です。

【編集部のコメント】

Gmailなどは個人単位で無料利用できるが、G Suite(旧:Google Apps)の多彩なツールを組織で活用するためには、オンラインアプリケーションパックの利用登録が必要(年額6,000円/1名)。「ケイヒ」をはじめとするrakumoシリーズはそのうえで初めて利用可能なシステムとなっている。このため「rakumoケイヒ」だけの利用でも、個人の月額は900円に。

さらに「カレンダー」や「ワークフロー」などのツールと連携させたい場合は、月額がさらに上昇していく。中規模以上の会社で、すでに社内でG Suiteを導入しているというケース以外は、割高感を感じてしまうかも。

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部