交通費精算システム完全ガイドTOP » 精算が劇的改善!クラウド型交通費精算システム16選 » ネクストICカード

ネクストICカード

このページでは経費/交通費精算システム「ネクストICカード」の情報を調べています。

ネクストICカードの基本DATA

ネクストIC

引用元:ネクストICカード公式サイト https://next-iccard.jp/

  • システム名:ネクストICカード
  • 初期費用:0円
  • 月額料金: 基本利用料10,000円~+勤怠管理200円/1ユーザー、交通費精算400円/1ユーザー(合計600円/1ユーザー)
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 導入企業…静岡県袋井市など
  • 運営会社…株式会社ジオコード

1ユーザー200円(月額)の「勤怠+交通費精算システム」はこちら

ネクストICカードの口コミ評判を調査

  • 「なぜ導入したのか」を組織全体に伝えていく必要はありましたが、スタッフは 物珍しさもあってか、楽しみながら利用してくれているように思います。まずは継続し、機能を上手に活用していけるようになれれば、と考えています。

ネクストICカードの特徴

「ネクストICカード」は、社員の勤怠管理と交通費精算を同時に行える、クラウド型のシステムです。

利用法は簡単。申請者が社内に設置された専用タブレットにICカードをタッチするだけで、タイムカードの打刻と交通費の精算を同時に行えます。承認者はクラウドでデータを一元管理できるため、集計にかかる時間を大幅に短縮することが可能となります。またクラウド内部には、無料オプションとして経費精算機能も搭載されているので、上手に活用したいですね。専用タブレット設置などの初回設定は、ネクストICカード側の担当者がしっかりとサポートしてくれるので、安心。また専用の問い合わせ電番号を開設しているので、導入後に不具合や不明点があった場合でも、すぐに相談することができます。

【編集部のコメント】

こちらのシステムはICカードと緊密な連携を図っているところが、大きな特徴と言える。

申請者はクラウドから入力を行う必要すらなく、ただICカードをかざすだけ。経路計算や定期区間の控除なども自動的に行ってくれる。こと電車やバスを利用した交通費精算に関しては、かなり簡便なサービスと言えるだろう。それだけに、ICカードの紛失や変更、またモバイルSuicaを使用している場合に細かな不具合が発生しないかどうかは、気にかかるところだ。

費用面に関しては、勤怠管理機能も同時にセットとなってくるため、実質的に1ユーザー600円/1ヶ月となる。他社と比較するとリーズナブルな部類に入るが、若干不明瞭な「基本利用料」が存在しているので、導入前にはその詳細をきちんと確認しておこう。

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部