交通費精算システム完全ガイドTOP » 精算が劇的改善!クラウド型交通費精算システム16選 » 経費BankⅡ

経費BankⅡ

このページでは経費/交通費精算システム「経費BankⅡ」の情報を調べています。

経費BankⅡの基本DATA

経費Bank

引用元:経費BankⅡ公式サイト https://kb2.sbi-bs.co.jp/

  • システム名:経費BankⅡ
  • 初期費用:180,000円
  • 月額料金:30,000円※1~50名まで。以降追加IDの利用料は50名単位でプラス10,000円。
  • 無料トライアル期間:なし
  • 導入企業…アスカ監査法人、近鉄エクスプレス、クライスラー日本、住友林業ホームサービス、富士通クレジットソリューションズなど
  • 運営会社…SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

経費BankⅡの口コミ評判を調査

  • 導入前は経費精算や出張精算を、申請用紙に手書きで記入していました。経理は提出を受けるとその日に出金していたので、日々の現金管理がかなり大変でした。導入直前には社内で説明会も開きましたが、抵抗感なく受け入れられた気がします。現在は経理業務が大幅に軽減され、助かっています。また導入時のサポートも手厚かったし、常に高速で安定した動作を保っているシステムなので、重宝しています。
  • 他のシステムも検討しましたが、会社にサーバーを置く必要があったので、コストやリスク管理が心配でした。「経費BankⅡ」はクラウド型だったので、他のシステムと比べて費用も安く、短期間で導入できるのが魅力でした。使い勝手も良いです。申請者も承認者も「駅すぱあと」連携を活用できますし、支給定期区間設定機能のおかげで、自動控除が適用されるので、承認作業はとても簡単になりました。
  • 経理部が少人数だったので、経費の精算作業には、相当な時間を要していました。「このままでは、正確な作業が難しくなる」と心配していた時、「経費BankⅡ」の存在を知り、導入を決めました。やはりクラウド型サービスという点が決め手になりましたね。導入はとてもスムーズに進みました。最初は本社、そして現在は全社でシステムを活用していますよ。

経費BankⅡの特徴

「経費BankⅡ」は、運営元であるSBIビジネス・ソリューションズ株式会社がサーバーを管理しているクラウド型の交通費・経費精算サービスです。

データのバックアップはもちろん、トラブルやウィルス対策、そして不正アクセス監視などをすべて任せられるので、安心。マルチデバイス対応で、スマートフォンからのアクセスも可能となっています。

経路検索システムとして著名な「駅すぱあと」と連携しているので、交通費精算の使い勝手も抜群。経路・運賃検索の結果を、そのまま伝票明細に反映できます。またあらかじめ登録した定期区間運賃の自動控除も、ラクラクです。もちろん、申請フォーマットのカスタマイズも可能となっていますよ。

【編集部のコメント】

経費精算はもちろん、クレジットカード/ICカード連携までと機能は多彩。

初期費用180,000円に加え、月額最低利用も50名30,000円~なので、中規模以上で、毎月多数の経費や交通費を精算するという会社には、おすすめ。しかし小規模な会社や、社員のうち1~2割程度しか経費精算をしないという会社では、多少割高感があるかも。

中小企業に使いやすい!最安交通費精算システムはこちら

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部