交通費精算システム完全ガイドTOP » 精算が劇的改善!クラウド型交通費精算システム16選 » ジョブカン経費精算

ジョブカン経費精算

このページでは経費/交通費精算システム「ジョブカン経費精算」の情報や評判を調べています。

ジョブカン経費精算の基本DATA

ジョブカン経費精算

引用元:ジョブカン経費精算公式サイト http://ex.jobcan.ne.jp/

  • システム名:ジョブカン経費精算
  • 初期費用:0円
  • 月額料金:1ユーザー400円※最低利用料金は月額5,000円
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 導入企業…東横INN、ベルシステム24、日本交通、レアジョブ、テモナなど
  • 運営会社…株式会社Donuts

最低利用料金月額1,000円の交通費精算システムを見る

ジョブカン経費精算の口コミ評判を調査

  • ジョブカン経費精算導入前は、帳票類を紙で運用していました。しかし社員数が増えるにつれ、管理が負担になってきました。過去の申請書を探すのも大変だったし、承認者の不在で作業が滞ることも多くなってきたんです。ジョブカンは経費精算はもちろん、稟議申請に関しても、同じシステムで管理できる点が魅力で導入しました。リーズナブルなランニングコストも決め手となりましたね。実際に使用していると、差し戻しの際に必要なコメントなども簡単に入力できる機能があるので、使いやすいです。作業が簡単になったし、わからないことはチャットで質問できるサポート体制も素晴らしいです。
  • もともとジョブカンの勤怠管理を利用していたため、経費計算も利用することにしました。とにかく使い勝手が良いです。承認状況も把握しやすいですし、直感的なシステムなので社員からも「やりやすい」という声が多数挙がっています。初期設定も簡単でしたよ。費用的にもすぐ導入が検討できるし、今のところ大きな不満はありません。
  • 以前は他社のシステムを利用していたのですが、更新にプログラミングが必要だったりして、一部のメンバーしか作業ができないなどのジレンマがありました。ジョブカンはサービスの使い勝手が良く、コストも低い。そして「誰でも簡単にシステムの管理や運用を行える」のが魅力的でした。サポートも非常に丁寧なので、安心感があります。承認者側としては「承認取り消し」ボタンがあることが、ありがたい。「あ、ちょっと待って」という場面で重宝しています。

ジョブカン経費精算の特徴

「ジョブカン経費計算」は評判の高い人気クラウド型システムで、すでに3,000社以上の導入実績を誇っています。

使いやすさに徹底的にこだわったUI設計なので、誰でも簡単に利用可能。申請者が経費精算を依頼するだけで、自動的に仕訳とFBデータを振り分けてくれるので、経理担当者の業務負担は大幅に軽減されます。もちろんスマホなどのインターフェイスでも利用可能ですから、いつでもどこでも、場所に縛られない申請が実現します。

運営元の「株式会社Donuts」は、企業として個人情報保護マネジメントシステムである「JIS Q 15001」を取得しているので、セキュリティ面の安心感も高め。メール、チャット、電話による幅広いサポート体制を提供しているので、導入前後も不明点はすぐ相談できます。

マルチデバイス対応

PCとスマートフォン、どちらからでも申請と承認が可能であるため、スピーディーに経理業務をこなせます。また、アラート機能や通知機能なども多く、今まで忘れがちや後回しにしがちだった決定しなければいけないことを、早めに決定するように促してくれるでしょう。今まで申請や承認に時間がかかっていた場合でも、マルチデバイス対応となったことで素早い処理ができます。他社では、まだスマホブラウザに最適化されていないこともありますが、ジョブカン経理清算はしっかりと対応。またスマホアプリもあり、より申請や承認がしやすくなりました。スマホでは自分の確認するべきことも通知してくれるなど、場所に縛られず申請や承認が可能なことが何よりのメリットです。

企業に合わせた豊富なカスタマイズ性

機能が豊富で、経費精算に関連する機能はすべてそろっているといえるほど、とても万能なシステムとなっています。豊富な機能は、企業が必要とするかどうかによって使い分けをすることが可能。状況に合わせて、この機能は必要、この機能は不要と分けられます。そして、企業ごとにカスタマイズをすることができるため、余計な機能は省いて企業によって最適な形で活用することができます。今まで使いたかった機能が不足していて、経理清算システムの意味がなかったという企業にも、ジョブカン経理清算なら使いやすくシステムとなるはずです。

必要なデータを全て自動作成

経理業務の効率化が目的である経費精算システムですが、ジョブカン経理清算はデータの自動作成にまで対応しています。従業員が経費精算の申請をするだけで、仕分けデータや振込データの作成が可能。その作成したデータを会計ソフト・ネットバンクなどで取り込めば、それで仕分けから振込業務まで完了してしまいます。人がやることで小さなミスが発生し、より一層経理が複雑になるという心配もありません。経理業務が今まで以上にスピードアップし、快適にこなすことができます。

ワークフローや勤怠管理との連携も可能

経費精算だけではなく、ワークフローまでクラウド化することが可能なのが、ジョブカンの特徴にもなっています。取引先への支払い管理だったり、総務への届け出だったり、今までいろいろなシステムを使い分けでやらなくてはいけなかった様々な業務はありませんか?社内で発生する数々の管理が可能です。また勤怠管理との連携も容易なため、誰にでも、どんなことにも使いやすいといえるでしょう。もちろんシステムを使い分ける必要はなし。ジョブカン経理清算ですべてできてしまう、だから使いやすいと評判です。数々の管理ができることで、今までよりも資源や管理のコストを削減することが可能になったようです。

導入費用がかからない

経費精算システムを導入するうえでネックになってしまうのが、費用の問題です。システムにメリットは感じているものの、導入費用が高いとためらってしまいます。また、失敗も怖いというのが導入を考えている企業の本音ではないでしょうか。初期費用を支払って導入しても、実際に役に立たないとか、使いたい機能がない…などで使いづらくて意味のない経費精算システムになってしまう可能性もあります。ジョブカン経費精算に関しては、初期費用やサポート費用、月額固定費は一切必要ありません。1ユーザー400円という業界最安値でのサービス提供を実現しています。必要なのはユーザー数に応じた月額費用だけ。ユーザー数によって月額で400円を支払うのみとなっています。導入費用がかからないという点では、今すぐにでも導入しやすい経費精算システムではないでしょうか。無料お試しも可能となっているため、気軽に導入を検討することができます。

【編集部のコメント】

費用的にはかなりリーズナブルな部類に入るため、小~中規模の会社までおすすめ。

ただし、5~10名のミニマルな組織だと、1名あたりの料金は若干上昇する。「ジョブカン経費計算」のシステムには、経費だけでなくあらゆる申請に対応可能な電子稟議機能(ワークフロー)も搭載されているので、利便性は高い。そのほかにも、勤怠管理や採用管理、労務管理などさまざまなシステムを別途提供している。経費計算に使い勝手の良さを感じたら、他サービスの導入を検討するのも良いだろう。
  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部