交通費精算システム完全ガイドTOP » 精算が劇的改善!クラウド型交通費精算システム16選 » Dr.経費精算

Dr.経費精算

このページでは経費/交通費精算システム「Dr.経費計算」の情報を調べています。

Dr.経費計算の基本DATA

Dr.経費計算

引用元:Dr.経費計算公式サイト https://www.keihi.com/

  • システム名:Dr.経費精算
  • 初期費用:0円
  • 月額料金:1ユーザー980円※30ID以上で月額29,400円となるコーポレートプランも有。
  • 無料トライアル期間:15日間
  • 導入企業…トランスコスモス、きちり、イードア、エリコネイル、オプティマスなど
  • 運営会社…株式会社BearTail

最安1ユーザー200円~!交通費精算システム16を徹底比較

Dr.経費計算の口コミ評判を調査

  • とにかく作業が楽になって、時間がかからなくなりました。スマホさえあれば操作できる点が、何より魅力的です。交通費は自動で経路検索し、申請できるので、外出先での経費申請が可能に。また領収書は写真を撮るだけで入力代行を行ってくれるので、とても楽です。クラウドだから修正も簡単ですし、承認者へチャットで知らせられます。 さらに他サービスに比べても圧倒的にUIが良く、直感的な操作が可能な、理解しやすい設計になっています。
  • こんな便利なサービスがあると知り、感動です。今までは月末に1ヶ月分の経費処理をまとめて行っていましたが、その時期は弊社の繁忙期にもあたっており、「面倒な宿題が残っている」という気持ちだったんです。「この時間を、他の作業に充てたい」と考えがちだったので、誤表記やいい加減な申請も多かったはず。それが、スマホで写真を取るだけで簡単に経費処理ができるようになったわけですから、うれしい驚きです。業績が上向きな時ほど、処理しなければならない経費も多いというジレンマを、解決してくれていますよ。
  • Dr.経費計算のおかげで、時間がかなり節約できるようになりました。導入前は、社員が月末にまとまった時間を取り、経費精算を行っていました。特に職位の高い人ほど領収書の精算数が多く、数時間かかっても終わらない、という状況が生まれていました。導入後は、こうした問題がクリアに改善され、「素晴らしい!今までの精算業務は何だったのか」という声が挙がっています

Dr.経費計算の特徴

Pマーク取得に加え、定期的に第三者の脆弱性診断を実施している「株式会社BearTail」運営のシステム。同社は金融機関並みのセキュリティレベルを確保しています。

クラウド型のサービスですが、ユニークなのはオペレーターによる領収書の入力代行が用意されていること。利用者はスマートフォンで、領収書を撮影するだけです。また交通費の精算も、「駅すぱあと」との連携でラクラク。多くの会計システムとも連携しており、経理担当者にとっても使い勝手の良い内容を確立しています。またオプションプランとして、大量の領収書のスキャン、データ化を代行するサービスも用意されているので、年度末の時期などに依頼を検討するのも一案です。

【編集部のコメント】

スマートフォン操作機能が充実しているほか、クレジットカードや電子マネーなどの明細から経費情報を自動で取得できるサービス。

初期費用0円というリーズナブルさが魅力的だが、月額は1名980円なので、激安とまでは言えなさそう。また年間契約中の追加IDは、1名につき月額1,180円という料金体系になっている。それでも小~中規模な会社では、費用的なメリットを実感しながら利用することができそう。

最安交通費精算システムの使い勝手などを体感レポート

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部