交通費精算システム完全ガイドTOP » 精算が劇的改善!クラウド型交通費精算システム16選 » コンカーエクスペンス(スタンダード)

コンカーエクスペンス(スタンダード)

このページでは経費/交通費精算システム「コンカーエクスペンス」の情報や評判を調べています。

コンカーエクスペンス(スタンダード)の
基本DATA

コンカーエクスペンス

引用元:コンカーエクスペンス公式サイト https://www.concur.co.jp/perfect-expense

  • システム名:コンカーエクスペンス
  • 初期費用:0円
  • 月額料金: 30,000円~※詳細は要見積もり
  • 無料トライアル期間:なし
  • 導入企業…KDDI、アシックス、味の素、高砂熱学工業、オムロンなど
  • 運営会社…株式会社コンカー

コンカーエクスペンスの口コミ評判を調査

  • 弊社はここ数年で社員数が増加しています。企業の成長を見据え、スムーズな経費精算システムは必須と考えたため、コンカーを採用することにしました。グローバルに同時展開できるシステムですが、日本独自の機能も頻繁にアップグレードされるところを評価しています。
  • スタッフの数はそれほど多くない会社なのですが、その分ひとりひとりの担当する業務が多いため、経費精算などの作業はなるべくスムーズに、手早く済ませる必要性を感じていました。コンカーを採用して良かったと思っています。
  • とにかく直観的な操作画面が気に入りました。デモを見たらコンカー以外は考えられなかったほどです。導入後も不明点があった場合、サポートセンターに問い合わせることがありますが、そのレスポンスは非常に早いので、助かっています
  • 非常にシンプルで、使い勝手も良いシステムなので、導入に際しても、一部の年配社員に対してレクチャーをした程度で、事前説明会は必要ありませんでした。社員からのクレームや問い合わせはほとんどないので、助かっています。コンカーを導入したことで、仮払いの廃止、各支店での経費精算業務撤廃が実現しました。現在は本社経理2名で、全ての経費精算処理が可能となっています。誤記入や違反を予防する機能が組み込まれているので、安心感があります。

コンカーエクスペンスの特徴

コンカーはアメリカのワシントンに本社のある出張/経費管理クラウド専門の会社です。このため知名度も高く、その導入実績は日本国内だけで、すでに約40,000社というのだから、すごいですね。

スマートフォンなどのインターフェイスから作業が可能なのはもちろん、経路検索システムや交通系ICカードとの連携も実現。さらにタクシー手配や出張時のホテル手配、Wi-Fiルータレンタルサービスなどとの連携も可能です。経費明細の自動取り込みも可能なので、違反申請の自動チェックもスムーズ。

承認者の作業も大幅に短縮可能なのです。2015年にはグッドデザイン大賞を受賞しているので、操作性の高さ、使いやすさはお墨付き。またISO27001をはじめ、世界標準のセキュリティ基準に準拠しているので、安心して使用できます。

交通系・ICカード連携

FeliCa™対応のICカードリーダーを利用すると、SuicaやPASMOといったICカードに記録される交通機関を利用した日や運賃、乗車区間などのデータはすべて自動で経費明細に取り込まれるようになっています。利用した人は、わざわざ入力して交通費精算をするという手間が省け、今まで少額でも件数が多くて交通費精算にかなりの時間がかかっていた人の負担も軽減されます。交通費計算の大幅な効率化が実現しました。また、二重での取り込みや改ざんの防止機能もあるため、正確な生産で経理処理を行うことができます。

モバイルアプリ

コンカーエクスペンスは、スマートフォンから利用可能なモバイルアプリが用意されています。アプリさえ導入しておけば、ちょっとした空き時間にさっと申請や承認が可能。会社へ戻ってからの申請や承認といった業務に時間をとられることはありません。隙間時間を活用できるのはモバイルアプリがあるからこそ。思い立ったらすぐにできるので、記憶間違いや申請ミスの心配も減るでしょう。経費精算にかかる時間を大幅に削減できます。

タクシー手配、宿泊、Googlemapとの連携

さまざまなサービスと連携ができる、というのがコンカーエクスペンスの特徴です。業務を円滑に進めるためには、様々な経費が発生します。そういった経費の発生を即座に記録するために、いろいろなサービスとの連携ができるようになっています。タクシー手配に関しても、ホテル宿泊に関しても、またガソリン代請求に役立つグーグルマップとの連携も可能です。どんな経費がどれぐらいかかったのか、をリアルタイムでしっかりと記録に残してくれるため、申請する側も記憶をたどって時間をかけながら申請する必要もなくなります。またその申請が確かであるかどうかを1つずつチェックする、申請される側の負担もかなり軽減されます。連携機能を利用することで、経理の業務を減らして効率化できるでしょう。

経費規定・監査証跡の自動チェック

経費の規定から違反していないかどうか、今まで人がチェックしていた負担の大きい業務もコンカーエクスペンスにお任せ。経費や接待費の上限超過になっていないか、事前に申告なしで経費支出がないか、会社が規定とする経費精算を把握させておくことで、自動でチェックが可能です。今までの不正支出も未然に防ぐことができるでしょう。また、監査証跡はすべて自動記録されるようにもなっています。申請から経費入力、そして上長によるチェックから経理承認といったすべてのプロセスにおいて、自動で記録をしています。人の手によって行っていると、どこかで抜け目が出てしまう可能性がありますが、自動チェックなら逃さずしっかりチェック。今までよりも抜かりない内部監査をサポートしてくれるはずです。

多彩なレポートによる分析

ただ記録するだけが、コンカーエクスペンスではありません。経費管理の高度化を目指したい企業にはおすすめの、150の標準レポートとカスタムレポートが提供されています。かなり豊富なレポート量なので、どんな企業にも役立つレポートが見つかるでしょう。必要な経費であるかどうかの見直しや、振り返っておきたい経費のデータなどをレポートによって分析します。またプロジェクト別に分けて発生した経費も確認することができたり、経費申請の段階から最終的に発生した経費はどれぐらいかも分析し、経費発生の金額予測なども可能。無駄な経費も見える化することで、しっかりと経費精算の現状を把握することができるでしょう。

まさに、ただ記録するだけではない、これからの企業の成長までもサポートしてくれるのが、コンカーエクスペンスです。

コンカーエクスペンスの導入方法

コンカーエクスペンスは、中小企業向けのタイプと中堅・大企業向けのものと分かれています。中小企業向けのものは、「コンカーエクスペンススタンダード」で。シンプルな構成なので短時間で経費精算業務が可能です。コストも抑えることができるため、今まで交通費清算のために導入するにはコストがかかりすぎる、と感じていた企業でも始めやすいでしょう。

さらに高度な分析機能などを希望する場合は、「コンカーエクスペンスプロフェッショナル」がおすすめ。経費マネジメントの実現が可能です。

どちらも導入方法は同じで、Welcomeキットを見て設定、必要な情報を準備するところから始まります。画面とマニュアルに従い、必要な情報を入力。担当者が電話で説明をしてくれ、何か不明な点があれば質問も可能です。設定が完了すると、クラウド型システムなのですぐに利用開始。コンカーエクスペンスを利用する社員に連絡をするだけで使用することができます。

使いやすいから選ばれる!
コンカーエクスペンスまとめ

コンカーエクスペンスは、スタンダードとプロフェッショナルに分けられており、企業によって必要な機能を厳選できるから、無駄なコストがかかる心配はありません。中小企業の中には、コストがかかりすぎて導入を断念していたという企業もあるでしょう。しかし、スタンダードであれば初期費用はゼロ円、月額料金も30,000円からととてもお手頃価格。無料トライアル期間はありませんが、毎月の費用を考えても導入する価値のあるシステムではないでしょうか。なんと、導入実績は日本国内だけですでに約4万社といわれています。かなりの実績があるシステムです。

利用しやすいようにモバイルアプリも用意されており、空き時間に承認や申請もできるから、今までのように交通費清算に時間と手間をとられることもなくなります。また、サービスの連携が豊富なのもポイント。タクシーの手配やホテル宿泊、ガソリン代請求などでも連携してすぐに経費の記録をできるようになっています。もちろん申請する側のメリットだけではなく、承認する側も経費規定などを調べながら行うのは面倒ですが、自動でチェックをしてくれるので今までよりもかなり簡単にチェックができ、不正支出も抑えることができるでしょう。

多彩なサービスと手軽な金額で、中小企業にもぴったりの交通費清算システムです。

中小企業に使いやすい!最安交通費精算システムはこちら>>

【編集部のコメント】

コンカーエクスペンスには、中小企業向けのスタンダードタイプと、大企業向けのプロフェッショナルタイプが用意されている。

搭載機能には若干の差があるが、プロフェッショナルタイプは完全見積もり制。「提出する経費申請レポートに応じた従量課金制」が採用されているので、企業規模に応じた適正価格で利用できそうだが、少数精鋭のスタッフで運営している会社の場合、費用的なメリットを感じにくいかも。

中小企業にジャストな最安交通費精算システムを見る

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部