交通費精算システム完全ガイドTOP » こんな会社&職種に最適な精算システムをご紹介します! » 飲食・小売店

飲食・小売店

このページでは、飲食・小売店に向く交通費精算システムについて紹介しています。

注目!飲食・小売店に向く
交通費精算システムとは

飲食店員
飲食店員
人手不足が取り沙汰されている飲食・小売店業界。コンスタントに出勤してくれるレギュラースタッフのほかに、ヘルプスタッフを多数抱えている場合は、その交通費精算も煩雑になっていきます。
面積が広い、収容人数が多いという店舗や小売店ほど人員が必要ですから、「毎月の給与+交通費精算が非常に面倒…」と、頭を抱えている店長さんも多いのではないでしょうか。

飲食・小売店にはこんなタイプの
交通費精算システムがおすすめ

交通費精算特化型

「正直バイトや社員が経費を精算することってないし…」という会社やお店も多いのでは。そこでおすすめなのは、ICカード(SuicaやPASUMO、ICOCAなど)を使った交通費精算システム。多くはカードリーダー端末を設置するだけで、導入が完了します。(むしろ、何もいらないというパターンも)スタッフが交通系ICカードをかざすだけで、利用データはクラウド(インターネット経由でアクセス可能)へ移行。同時に勤怠管理も行えるため、出勤状況や交通費精算を一度に管理することが可能となります。定期券発行を必要としないヘルプスタッフの数が多い店舗では、特に高い利便性が感じられそう。

最安では月額200円(1ユーザー)からと、イニシャル/ランニングコストともにリーズナブルなので、導入が検討しやすいのも特徴です。

本サイトでは、おすすめの交通費精算特化型システムを紹介していますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

経費精算システム型

交通費の計算だけでなく、経費精算も同時に行えるという、複合タイプ。スタッフの管理以外にも、毎月さまざまな経費が発生している店舗におすすめです。

クレジットカードや既存の会計システムとの連携が容易なシステムも多いので、経理の煩雑な業務を大幅に効率化することが可能になります。イニシャルコストは0円のものから数十万円のものまで、さまざま。ランニングコストは複数アカウントで数万円~となっています。また操作がある程度複雑な場合は、導入サポートを受ける必要があるかもしれません。

本サイトでは、おすすめの経費精算システムを紹介していますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部