交通費精算システム完全ガイドTOP » こんな会社&職種に最適な精算システムをご紹介します! » 不動産業

不動産業

このページでは、不動産業に向く交通費精算システムについて紹介しています。

注目!不動産業に向く
交通費精算システムとは

不動産業
不動産業
何かと社外への外出が多い、不動産業。交通費が発生した場合には精算する必要があります。 社用車が潤沢に用意されているという場合、交通費はそれほど発生しないかもしれませんが、スタッフによる奪い合いがあるというケースでは、電車やバスによる移動も考えられます。「その精算が面倒」という声もあるでしょう。

不動産業にはこんなタイプの
交通費精算システムがおすすめ

交通費精算特化型

経費精算はそれほど発生しない、あるいは一部のスタッフのみで、ほとんどが交通費精算になるという会社には、交通費精算に特化したシンプルなシステムの導入がおすすめです。

こうしたシステムは、多くがカードリーダー端末を設置するだけで、導入が完了します。利用者が交通系ICカードをかざすだけで、利用データはクラウドへ移行。各人が新たに申請書を作成しなくても、月々のデータが自動的に累積されます。イニシャル/ランニングコストともにリーズナブルなので、導入が検討しやすいのも特徴です。このサイトで16社調べたうち、交通費に特化したものは5社ありましたが、最安で月額200円(1ユーザー)というものもありました。

本サイトでは、おすすめの交通費精算特化型システムを紹介していますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

経費精算システム型

交通費の計算だけでなく、経費精算も同時に行えるという、複合タイプ。在籍スタッフの数が多く、毎月さまざまな経費が発生している組織におすすめです。

スマートフォンでの操作が可能なシステムも多く、その場合は社外で空いた時間に経費申請や承認が行えます。またクレジットカードや既存の会計システムとの連携が容易なシステムも多いので、経理の煩雑な業務を大幅に効率化することが可能になります。イニシャルコストは0円のものから数十万円のものまで、さまざま。ランニングコストは複数アカウントで数万円~となっています。

本サイトでは、おすすめの複合型経費精算システムを紹介していますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部