交通費精算システム完全ガイドTOP » こんな会社&職種に最適な精算システムをご紹介します! » 民間教育

民間教育

このページでは、学習塾にぴったりの交通費精算システムについて紹介しています。

注目!学習塾にぴったりの
交通費精算システムとは

学習塾
学習塾
過酷な受験勉強に挑む学生たちをサポートする、学習塾。その内部で働く講師やスタッフも、交通費が発生した場合には精算する必要があります。
個人経営の塾であれば、それほど多くの精算は発生しないと思いますが、規模が大きく、近隣の地域に多くの分校が存在している学習塾の場合は、他校へのヘルプなどが発生したりして、講師やスタッフの間に定期代以外の交通費が発生してくることになります。「その精算が面倒」という声もあるでしょう。

学習塾にはこんなタイプの
交通費精算システムがおすすめ

交通費精算特化型

他業種に比べると、経費発生の機会がそれほど多くない学習塾(あっても本部に発注や、アスクルなどでのまとめ買いが多い)には、交通費精算に特化したシンプルなシステムの導入がおすすめです。

こうしたシステムは、カードリーダー端末を設置するだけで、導入が完了します。利用者が交通系ICカードをかざすだけで、利用データはクラウドへ移行。各人が新たに申請書を作成しなくても、月々のデータが自動的に累積されます。

上記のような「交通費精算特化型」のシステムは、ITに関する専門知識のない人でも簡単に利用できるので、導入を検討しやすくなっています。また、イニシャル/ランニングコストが低いのもうれしいポイントです。

毎月の交通費精算業務を効率化し、その分の時間を学生たちの指導に充てていきたいと考えている学習塾は、要注目です。

学習塾におすすめの交通費精算システムを紹介

kincone

引用元:kincone公式サイト http://www.kincone.com/

  • システム名:kincone
  • 初期費用:0円
  • 月額料金:200円/1アカウント※最低5アカウント(1,000円)から

IC乗車券を専用のカードリーダーにかざすだけで、利用した交通機関の情報を読み取り、クラウドへと転送してくれるシステム。交通費精算に特化されているので、操作法は非常にシンプルで、イニシャル/ランニングコストともにリーズナブル。

カードリーダーは家電販売店で売っている3,000円程度の「FelicaカードリーダーでOK。NFC搭載のAndroid端末ならカードリーダーすら必要ありません。

勤怠管理/交通費精算に特化されているので、操作法は非常にシンプルです。交通系ICカードのデータを読み取ってくれ、それをそのまま精算に回すことができます。出勤していない日のSuica利用に関しては、勤怠と連動させているので「出勤した日」だけでソートすることで一瞬で解決します。

本サイトでは上記以外にも、交通費精算に特化した、シンプルなシステムの情報を紹介しています。学習塾スタッフの皆さんも、ぜひ参考にしてくださいね!

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部