交通費精算システム完全ガイドTOP » こんな会社&職種に最適な精算システムをご紹介します! » IT企業

IT企業

このページでは、IT企業向けの経費計算システムについて紹介しています。

注目!IT企業向けの
経費計算システムとは

IT企業社員
IT企業社員
ここ数十年の間に急発展した、IT業界。コンピュータ技術を扱う業種の総称で、その範囲は広大です。内訳も新興企業から、新たにIT部署を設立した歴史の長い企業までと、さまざま。
経費精算業務に関しても同様で、旧態依然のプロセスを引き継いでいたり、中途採用の担当者が扱いやすい方法のままだったりというケースは多く「ウチはIT企業なのに、いまだに申請書が手書き!」という不満の声が挙がる会社もあるほど。
近年は、すぐに導入が可能な経費精算システムが数多く登場していますので、ぜひ検討してください。

経費精算を申請するスタッフが
それほど多くないIT企業向け

交通費精算特化型

特化型と言いつつも、経費精算もできるものが多いので、ぜひおすすめしたいです。

中でも、カードリーダー端末を設置するだけで、導入が完了するような手軽なものがおすすめ。利用者が交通系ICカードをかざすだけで、利用データはクラウドへ移行。各人が新たに申請書を作成しなくても、月々のデータが自動的に累積されます。その利用履歴(打刻時間)は、同時に勤怠管理の役割も果たしてくれますので、一石二鳥。イニシャル/ランニングコストともにリーズナブルなので、導入が検討しやすいのも特徴です。全部のシステムで無料体験期間を設けていますので、ぜひ試してみてください。

本サイトでは、おすすめの交通費精算特化型システムを紹介していますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

経費精算を申請するスタッフが多いIT企業向け

経費精算システム型

交通費の計算だけでなく、経費精算も同時に行えるという、複合タイプ。スマホからの操作も可能なシステムが多いので、申請/承認者は社外でも、空いた時間に作業することができます。またクレジットカードや既存の会計システムとの連携が容易なシステムも多いので、経理の煩雑な業務を大幅に効率化することが可能に。イニシャルコストは0円のものから数十万円のものまで、さまざま。ランニングコストは複数アカウントで数万円~となっています。また操作がある程度複雑な場合は、導入サポートを受ける必要があるかもしれません。

本サイトでは、おすすめの経費精算システムを紹介していますので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

経費精算システムを導入したIT企業の声

導入前は、社員が月末にまとまった時間を取り、経費精算を行っていました。精算数が多い人は、数時間かかっても終わらないという状況だったんです。導入後の現在は「素晴らしい!今までの精算業務は何だったのか」という声が挙がっています。

営業は隙間時間で交通費を精算処理し、上長も外出先から承認ができるので、締め日に対し、確実に支払いができるようになっています。経理としても手入力の手間がなくなり、締め日の負担を軽減できました。

以前はオンプレミス型サービスを使用していましたが、社員から「動作が遅い」というクレームが多発したため、クラウド型に乗り換えました。おかげで、精算回数を月2回に増やすことができています。出費の回収が早いので、社員も喜んでくれています。

いかがでしょうか?「まだ経費精算システムを導入していない」というIT企業は、ぜひ情報を検討してみてください。

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部