交通費精算システム完全ガイドTOP » 経理VS営業 交通費精算にまつわる仁義なき戦い » どちらも幸せになる解決編

どちらも幸せになる解決編

和解

社内で毎月繰り広げられる「交通費精算にまつわる仁義なき戦い」とは…。このページでは、双方の言い分を汲み取り、交通費精算を簡単にする方法を考えています。

交通費精算をもっと簡単に!
営業/経理双方の言い分

業務を円滑に進めるため、営業スタッフは、交通費をひとりひとりのポケットマネーから捻出しています。人によっては月間数万円単位の出費を我慢しているのに、精算の申請は非常に面倒…、そんなシステムに不条理さを感じているという人も多いのです。

【営業スタッフの本音をチェック!】

★調べるのが面倒だし、提出しに行くのが面倒…、作業自体が邪魔!
★月末の忙しい時に「なんでこんなことしなくちゃいけないの…」という気分になる。
★自分の定期圏内を抜いて計算する作業が、本当にウザい。

クライアントや上司の無理を聞きながら、日々駆け回っている営業さんですから、交通費精算にストレスを覚えてしまうのも、ある意味当然です。

しかし交通費をきちんと払い戻すべく、奮闘している経理スタッフにも言い分があります。

【経理スタッフの本音をチェック!】

★定められた交通費申請ルールを守らない人が多い!
★差し戻すと嫌な顔をされる!
★締め切りを守るのは、当然の義務!

いかがでしょうか?双方の言い分を見ていると「締め日に交通費をまとめて申請させるシステムに、無理がある」ということがわかってきますね。

理想の精算システムとは?

では理想的な生産システムの形とは、どのようなものなのでしょうか?以下に生の声を挙げてみます。

★SUICAのデータを勝手に読み取ってくれる。
★パスモの履歴をざっと出してくれて交通費清算を自動でやってくれたらとても素敵!
★定期圏内を自動で抜いてくれるシステム

実はこのような「交通費精算システム」は、すでに存在しているんです!以下に一例を見ていきましょう。

Kincone

kincone

引用元:Kincone公式サイト
http://www.kincone.com/

■初期費用:0円
■月額料金:200円/1アカウント
IC乗車券を専用のカードリーダーにかざすだけで、利用した交通機関の情報を読み取り、クラウドへと転送してくれるシステム。交通費精算に特化されているので、操作法は非常にシンプルで、イニシャル/ランニングコストともにリーズナブル。

らくらく旅費経費.net

らくらくBOSS

引用元:らくらくBOSS公式サイト
https://rk2.mugen-corp.jp/ryohi/

■初期費用:100,000円~
■月額料金:200円~/1ライセンス
小口現金から海外出張まで、経営全体に関わる経費業務をトータルで管理可能。経路検索の「駅すぱあと」と標準連携しているため、申請はスムーズです。もちろんICカードの明細読み込みも可能。ただし導入費は比較的高め。

ハイ!経費

ハイ!経費

引用元:ハイ!経費公式サイト
http://www.hi-keihi.com/

■初期費用:1,000円/1アカウント
■月額料金: 300円/1アカウント
高い知名度を誇っている「オフィス24」が運営する、クラウド型経費精算システム。スマートフォンから申請承認が可能なのはもちろん、交通系ICカードからの乗車履歴一括取込みや、各会計ソフトとの連携も実現しています。

上記のようなシステムを導入すれば、社内で毎月繰り広げられる「交通費精算にまつわる仁義なき戦い」も、停戦を迎えられそうです!

交通費精算システムを導入した人たちの声

★営業から好評なだけでなく、経理の作業も効率化し、一石二鳥以上の効果です!
★経費精算作業に関わっていた人数を減らせるようになり、他業務に充てられるようになりました!
★「こんなに安価で業務改善ができたなら、もっと早く見つけておけばよかった」と、経営層から評価されている。

いかがでしょうか?本サイトでは、おすすめの交通費精算システム情報を特集していますので、ぜひチェックを。そして御社も、一日も早い交通費精算業務の効率化を実現してください。

交通費精算が劇的改善!おすすめシステムを紹介

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部