交通費精算システム完全ガイドTOP » 経理VS営業 交通費精算にまつわる仁義なき戦い » 経理の言い分編「なんで毎月毎月期日に遅れるの!」

経理の言い分編「なんで毎月毎月期日に遅れるの!」

経理女性
社内で毎月繰り広げられる「交通費精算にまつわる仁義なき戦い」とは…。このページでは、経理サイドの言い分についてまとめています。
営業の言い分も見てみる
経理も営業も幸せになる解決策を見る

経理あるある!ネットで見つけた精算の苦労と怒り

業務を円滑に進めるため、営業スタッフひとりひとりのポケットマネーから捻出されている交通費。それらをきちんと払い戻すべく、経理スタッフが奮闘しているのに、営業スタッフは提出期日やルールを守らない…。

「ならばもう、清算しませんから!」そんな風に叫び飛ばしたいと思っている経理担当者は、日本全国に数多く存在しています。

以下にインターネット上で発見された口コミを紹介していきましょう。

ルールを無視する輩が多い!

ウチの会社の営業スタッフは、適当な人が多くて困っています!定期区間控除など、定められた交通費申請ルールを何度となく周知しているのに、いい加減な申請する人が減らないんですよ…。

席にいないだけで怒られる…

ウチの会社は月ごとではなく、都度清算なので、営業スタッフが席にやってくるたびに、それまでやっていた仕事を中断しなくてはならないんです。トイレなどで席にいないだけでも怒られるし、本当にストレスフル。また全員の出納データをエクセルで管理するのが、すごく面倒です。

私たちは毎月データを集計しているんですよ!?

毎月営業に怒っています。締め切りを守るのは、当然の義務。さらに経理スタッフは、毎月のデータを集計することで、前月や前期との比較、そして将来予想を行っているんです。精算者の申請が遅いという理由で異常値が発生するなんて、ナンセンスとしか言いようがありません!

差し戻しが憂鬱…

営業が期日通りに清算してくれたとしても、こちらのチェックから差し戻しを行うことは、多々あります。それが仕事だからしょうがないのですが、中にはすごく不満そうな態度を取ってくる人や、雰囲気が怖くて声をかけづらい人がいたりするので、困ります。毎月の作業が、とても憂鬱なんです。

いかがでしょうか?多くの経理スタッフの人が、深刻なストレスを感じているのがわかりますね。さらに、実際に会社で経理を担当する3人の女性に、営業へのリアルな本音を聞いてみました。

経理担当3人が激白!「締日前後は地獄絵図」

  • A子さん…20代/社員数:10~15人
  • B美さん…30代/社員数:30~40人
  • C香さん…30代/社員数:100~150人

編集部:ネットで経理の声を拾ってみましたがいかがでしょうか?(上に掲載した言い分を見せる)

A子さん:ああ~もうわかりすぎます(笑)。

C香さん:どこも一緒なんだなあって思いますよね。

B美さん:言いたくないし、全員がそうじゃないんですけど、「俺らがお金稼いできてるんだから、経理の給料も出てるんでしょ?それくらいやってよ」ってオーラがダダ漏れの営業さんていますよね。

一同:いるいる!

A子さん:うちもひとりだけだけど、そういう人います。社長がまじめな人なので、「じゃあ君のお金も、彼女がちゃんと書式整えて精算しているから戻ってくるんだけど?」って言ってくれるんです。だから、その人も社長の前では絶対言わないんですよ。

B美さん:いい社長!ヨッ、社長(笑)

編集部:皆さんの会社は、どんな経費精算方法なんでしょうか。

C香さん:昔ながらのエクセル記入、プリントアウトで紙ベースで確認&回覧です…。

A子さん:ええ!そんな規模でもエクセルなんですね。うちも同じくです。

C香さん:どうかしてますよね(笑)。「うちIT企業なのに、めっちゃ原始的」ってみんなで言ってます。

B美さん:うちもエクセルです。本当に紙のムダですよね。コピー機の上に「資源節約」って紙が貼ってあるんですが、「じゃあこのシステムやめようよ」って毎回思います。

編集部:経費精算で、何がいちばんツライですか?

C香さん:うちは社員数もそこそこいるので、締日前後は本当に地獄です。残業に厳しくなったので、社員全員、退社時間が遅くても20時なんですが、その前後は経理だけは23時くらいになります。もうメイクも取れ掛かってすごい状態ですよ(笑)。なのに営業に「経理は楽でいいなあ」みたいな態度とられると、正直イラッとしますね。

A子さん:どこでも同じだと思うんですけど、遅れて精算する人に限って、ミスが多いんです。そして、この日が最終日だという時に図ったように外出して、「ごめん、出先なので修正お願いしてもいい?」って(笑)。絶対狙ってるんです。

B美さん:あるある。ホントに、とにかく「ごめん」とか一言あれば違うんですけどね。遅れもミスも多い営業さんでも、腰が低くて、毎月経理部にお菓子差し入れてくれる人がいて、「あの人はしょうがないよね~」みたいなポジションになってますもん。私がツライのは、うちはいちばん安いルートで目的地まで行くことが義務付けられているんですが、適当に駅探で検索した交通費を書く人が多くて、それを調べて「安いのでお願いします」と差し戻すっていう一連の流れが本当に面倒でツライです。

編集部:皆さん苦労されてますね……。精算の中でも面倒なのは交通費関係ですか?

A子さん:圧倒的に数が多いので、そうなりますね。備品はアスクルなので、正直ほとんどないので…。定期代はここからここまでだから、精算間違ってるとか調べるの、本当に面倒じゃないですか?

C香さん:それそれ!頼むからちゃんと調べてください~って思います。毎月同じこと注意するの本当にイヤですよね。でも言われている方は気にしなかったりするんですよねえ。月に1回のことだしって感覚なのかな。

編集部:このサイトで紹介する経費・交通費精算システムはこんな感じなんですが…(公式サイトなどを見せる)

一同:見入る

B美さん:これって、Suicaそのまま使えるってことですか?そしたら勝手に定期区間引かれてるのがわかりますよね。神(笑)。

A子さん:領収書スマホで撮影するだけで精算?ちょっと、どれもこれも夢過ぎませんか(笑)。

C香さんアプリでできたら、移動の時間とか使って精算できそうですよね。とりあえず部長にちょっとURL送ってみます。

編集部:皆さんの会社に導入されることを祈ります!本日はありがとうございました。

営業の言い分も見てみる

経理も営業も幸せになる解決策を見る

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部

RANKING

BEST1

kincone

月額200

最安
公式サイトへ
BEST2

駅すぱあと
旅費交通費精算web

月額216

公式サイトへ
BEST3

らくらく
旅費経費.net

月額216

公式サイトへ

もっとランキングをみる

あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部