【小~中企業向け】経理も営業も楽になる クラウド型交通費精算システム完全ガイド

交通費精算システム導入で
大幅効率UP!

「交通費の精算って、本当に面倒!」、そう嘆いている人が多いのではないでしょうか。
過去の予定を振り返りながら訪問先への経路を調べ、エクセルに交通費をひとつ一つ記入していく…、
煩雑な作業のおかげで数時間を無駄にし、結果経理スタッフが修正に追われることも。
そんな悪循環を打破し、中小企業の業務の「交通費精算システム」厳選情報を比較紹介していますので、
ぜひ導入を検討してみてください。

交通費精算特化型

その名の通り、交通費の精算に特化したシステム。交通系ICカードとの連携で、各スタッフの交通費状況を一元的に把握し、クラウドで共有することができます。機能がシンプルな分操作も簡単で、導入費用もリーズナブルです。

交通費+経費精算型

交通費の計算だけでなく、経費精算も同時に行えるという、複合タイプのシステム。既存の会計システムとの連携が図りやすいため、経理スタッフの業務を軽減。また現場スタッフによるスマホでの申請や承認も容易です。

交通費精算特化型

以下には、交通費の精算に特化したシステムを紹介します。
誰でもすぐ順応できるシンプルな操作性や、導入を検討しやすいリーズナブルな価格帯を提示しているシステムが多いようです。
小規模で、交通費精算が必要なスタッフはそれほど多く抱えていないという企業でも、充分に利用メリットを実感できると思いますよ。

交通費精算特化型
5システムを比較!
 

kincone

公式サイトへ

rakumoケイヒ

公式サイトへ

駅すぱあと
旅費交通費精算
web

公式サイトへ

Business
Navitime
交通費パッケージ

公式サイトへ

らくらく
旅費経費.net

公式サイトへ
月額 200最安 300 216 10,000 200円~
初期費用 0最安 0最安 0最安 250,000 100,000
無料
トライアル期間
2か月 2週間 30日間 15日間 60日間
トライアル
導入までの期間
即日 5営業日 即日 5営業日 2営業日
操作簡単でリーズナブルだからすぐ導入可!
kinconeキャプチャ
月額利用料
200円(1人)最安
初期費用
0最安
特徴1

乗車券をカードリーダーにかざすだけで、利用交通機関情報を読み取り、交通費の入力手間を省く。

特徴2

カードリーダーとクラウドで運営するシステムなので、導入コストがほとんどかからない。

特徴3

交通費情報を読み取る際、勤怠管理も同時可能。

交通系ICカードをリーダーにタッチするだけで出勤/退勤の打刻と交通費情報を同時に読み取り、クラウドでの共有を可能とするシステム。複雑なシステムに弱いスタッフでも簡単に対応可能です。サイボウズ社のクラウド型Webデータベース・kintoneとの連携も可能。サイボウズkintone・パワーBI・チャットワーク・スラックとの連携で「おはようございます」と打つだけで打刻ができ、勤怠管理もおまかせ!さらに、モバイルSuicaにも対応。交通系ICカードでは、最大20件までしか利用履歴を保存できなかったのが、モバイルSuicaでは最大180日分ものデータが保存可能になります。

G Suite提供の交通費精算システム
rakumoケイヒキャプチャ
月額利用料
300円(1アカウント)
初期費用
0最安
特徴1

経路検索の「ナビタイム」と連携。画面から運賃・乗換情報を呼び出し、簡単に交通費計算/定期区間自動控除が可能。

特徴2

会計システムの仕様に合わせ、データ出力項目を設定することができる。

特徴3

「カレンダー」や「ワークフロー」など別の有料システムとの連携でさらなる使い勝手の良さが実感できる。

クラウド型経費精算ソリューション。GmailやGoogleドライバーなど多彩な機能をクラウドで提供するG Suite(旧:Google Apps)の、アドオンツール(有料サービス)のひとつ。導入にはオンラインアプリケーションパックの利用登録が別途必要(年額6,000円/1名)。

経路検索の専門家が交通費精算してくれる
駅すぱあと旅費交通費精算webキャプチャ
年間料金
2,592円(1人)
初期費用
0最安
特徴1

経路計算のASPサービスとして非常に知名度が高い「駅すぱあと」の交通費精算システム。

特徴2

ICカード連携、スマホをはじめとしたインターフェイスからの操作に対応。

特徴3

費用は年額となっているが、換算すると1名あたりの月額は300円以下と、かなり割安。

多くの人が利用している「駅すぱあと」提供のシステムだけに、経路検索はお手の物。電車はもちろん、路線バス情報も充実しています。一般企業から導入されているだけでなく、他社の交通費精算システムと連携を図り、実装化もされているサービスです。

要注目!あのナビタイムが提供するシステム
Business Navitime 交通費パッケージキャプチャ
月額料金
10,000円(20ライセンス)~
初期費用
250,000
特徴1

「安心、安全で最適な移動ルート」を提供しているナビタイムが運営する、精算クラウドシステム。

特徴2

Googleカレンダーと連携。カレンダーに登録した情報をビジネスナビタイムに取り込んで、経路検索に活用可能。

特徴3

モバイル操作に対応しているほか、伝票やFBデータ出力機能があるため、会計ソフトとの連携も容易。

経路検索のナビタイムが運営。「移動支援と交通費・経費精算が一体となったクラウドシステム」をキャッチコピーとしています。サポート体制も確立されており、専用の問い合わせ電話も完備。ただし初期費用は割高となっており、最低料金も20名以上の利用から設定。

多くの機能を備えたシステムとして要チェック
らくらく旅費経費.netキャプチャ
月額料金
200円(1ライセンス)~
初期費用
100,000円~
特徴1

経路検索の「駅すぱあと」と標準連携しているため、操作はスムーズ。

特徴2

ICカード連携、スマートフォン連携で利便性は高い。

特徴3

仕訳データ/FBデータの出力も可能なので、既存の会計システムとも無理なく連携。

海外出張を含む交通費精算に特化したシステム。メール通知機能や領収書画像添付、イベントやバーコード機能など多くの機能を備えています。ただし初期費用200,000円と割高。内訳には環境構築のほかに、製品トレーニングも含まれているようです。

特 集

最安交通費精算システム
「Kincone」の実力を調査

本サイトでは、多くの交通費精算システムを比較していますが、
その中でも最も低価格なイニシャル/ランニングコストを実現しているのが「Kincone」です。

とは言え、安かろう、悪かろうでは困りものですよね。
一体その実力はどのようなものか、追跡してみましたので、ぜひ内容をチェックしてください。

最安交通費精算システム「Kincone」の実力を調査

経理VS営業
交通費精算に
まつわる
仁義なき戦い

何かと利害がぶつかりやすいのが、経理職と営業職。
一体、どのような点が争いを生むのでしょうか…?
双方の言い分を調べてみると、毎月設けられている交通費精算の締め日に、
新たないがみ合いが生まれていることがわかります。
些細なことで、とても大人同士とは思えないほど感情的なバトルが開始してしまうこともありますから、周囲もヒヤヒヤもの。早いうちに何とか解決法を考えたいですよね…。

経理 営業 経理VS営業
交通費精算にまつわる
仁義なき戦い
を詳しく見る

交通費+経費精算型

交通費+経費精算型はココがいい!

交通費清算型は、交通費の計算・清算を楽にしてくれるシステムです。毎日莫大な交通費が経費として発生すると、申請する側も承認する側も細かなものから1つ1つ確認しなくてはいけませんし、ミスがあれば戻して再度申請する…と時間もかかります。

さらに、業務で発生する経費は交通費だけではありません。様々な経費を計算し、清算しなくてはならない企業も多いはずです。交通費清算型で交通費の清算が楽になっても、それ以外の経費精算に手間がかかっていてはシステムを導入した意味がなくなってしまいます。

どんな経費も1つのシステムで処理できてしまうとなれば、申請する側も承認する側も、無駄な手間をかけることはなくなります。またシステムを一緒にすることで、紛らわしさもなくなり、そのシステムさえ使えれば交通費もその他の経費も簡単に申請・承認ができるようになるでしょう。

交通費清算型よりも使い方が複雑になるのでは?といった心配があるかもしれませんが、そのような心配も必要ありません。かなり使いやすいようになっており、スマホから操作が可能だったり、クレジットカードや使っていた会計システムとの連携も簡単なシステムも多いです。様々な経費が発生する業種では、交通費+経費精算型がおすすめです。

以下には、交通費の計算だけでなく、経費精算も同時に行えるという、複合タイプのシステムを紹介します。
スマホからの操作も可能なシステムが多いので、申請/承認者は社外でも、空いた時間に作業することができます。
またクレジットカードや既存の会計システムとの連携が容易なシステムも多いので、経理の煩雑な業務を大幅に効率化することが可能に。

楽楽精算

月額
30,000円~
初期費用
100,000円~

交通費精算機能の特徴

  • リーダーにICカードをかざすだけ。利用経路と運賃をシステムに読み込み、申請データとしてそのまま使用できる。
  • ジョルダン社の乗換案内ソフト内蔵なので、承認作業もラクラク。電車やバスだけでなく、飛行機、タクシー、駐車場、ガソリン代などの精算も可能。

その他機能

  • 経費精算、海外出張精算、汎用ワークフロー設定、ICカード連携、モバイル連携、クレジットカード連携、会計ソフト向けデータ出力、FBデータ出力、メール通知機能、バーコード機能など

ネクストICカード

月額
10,000円~
初期費用
0

交通費精算機能の特徴

  • 申請者が社内に設置された専用タブレットにICカードをタッチするだけで、タイムカードの打刻と交通費の精算を同時に行える。
  • 専用タブレット設置などの初回設定は、ネクストICカード側の担当者がしっかりとサポートしてくれるので、安心。

その他機能

  • 勤怠管理機能、経費精算機能、ICカード連携、モバイル連携、CSV取込機能など

ジョブカン経費精算

月額
400円/1ユーザー
初期費用
0

交通費精算機能の特徴

  • 使いやすさに徹底的にこだわったUI設計なので、誰でも簡単に利用可能。申請者が経費精算を依頼するだけで、自動的に仕訳とFBデータを振り分けてくれる。
  • スマホなどのインターフェイスでも利用可能ですから、いつでもどこでも、場所に縛られない申請/承認が実現。

その他機能

  • 経費精算機能、ICカード連携、モバイル連携、仕訳データ自動作成、FBデータ出力、メール通知機能、英語対応など

経費精算freee

月額
1,980円~
初期費用
0

交通費精算機能の特徴

  • スマートフォンなどのインターフェイスからのアクセスが可能で、申請者/承認者ともに社外での作業できる。
  • 経理担当者は、転記と振込ファイル作成を自動で行えるため、業務効率の向上が期待できる。

その他機能

  • 経費精算機能、モバイル連携など

コンカーエクスペンス

月額
30,000円~※詳細は要見積もり
初期費用
0

交通費精算機能の特徴

  • スマートフォンなどのインターフェイスから作業が可能なのはもちろん、経路検索システムや交通系ICカードとの連携も実現。
  • タクシー手配や出張時のホテル手配、Wi-Fiルータレンタルサービスなどとの連携も可能。

その他機能

  • 経費精算機能、クレジットカード連携、ICカード連携、モバイル連携、レポート機能など

ハイ!経費

月額
300円/1アカウント
初期費用
1,000円/1アカウント

交通費精算機能の特徴

  • スマートフォン連携はもちろん、交通系ICカードからの乗車履歴一括取込みや、各会計ソフトとの連携も実現。
  • 「駅すぱあと」との連携で、スムーズな入力をサポートする。

その他機能

  • 経費精算機能、出張費精算機能、ICカード連携、モバイル連携、会計ソフト向けデータ出力、FBデータ出力、仕訳データ出力、汎用ワークフロー管理など

WiMS/>SaaS

月額
30,000
初期費用
要問い合わせ

交通費精算機能の特徴

  • ICカードの情報を取り込み機能や「ジョルダン乗り換え案内」との連携有。
  • 既存の会計システムとの親和性も高いので、経理担当者も安心。

その他機能

  • 経費精算機能、出張費精算機能、ICカード連携、モバイル連携、会計ソフト向けデータ出力、FBデータ出力など

Dr.経費精算

月額
980円/1ユーザー
初期費用
0

交通費精算機能の特徴

  • 「駅すぱあと」との連携で経路検索もラクラク。
  • 多くの会計システムとも連携しており、経理担当者にとっても使い勝手の良い内容。

その他機能

  • 経費精算機能、ICカード連携、モバイル連携、スキャナ読込、会計ソフト向けデータ出力、仕訳データ自動作成、汎用ワークフロー設定など

ステイプル

月額
600円/1ユーザー
初期費用
0

交通費精算機能の特徴

  • 交通系ICカードの取り込みや乗り換え検索機能、そして領収書の撮影添付など、スマホのみで操作を完結できるシステム。
  • 洗練されたUX/UIデザインが採用されているので、使いやすさは抜群。

その他機能

  • 経費精算機能、ICカード連携、クレジットカード連携、モバイル連携、カレンダー連携、会計ソフト向けデータ出力、FBデータ出力

eKeihi

月額
25,000円~
初期費用
0

交通費精算機能の特徴

  • ICカード連携なので、操作が簡単。
  • 誤入力を防止するフィルター機能などを搭載。

その他機能

  • 経費精算機能、出張費精算機能、ICカード連携、モバイル連携など

経費BankⅡ

月額
30,000
初期費用
180,000

交通費精算機能の特徴

  • 経路検索システムとして著名な「駅すぱあと」と連携しているので、使い勝手は抜群。
  • 申請フォーマットのカスタマイズも可能。

その他機能

  • 経費精算機能、出張費精算機能、モバイル連携、仕訳データ自動作成、FBデータ出力など

使うんだったらどっちがいい?

アナタへのおススメはコレ

交通費精算特化型がオススメな人

発生する経費は交通費だけ

経費は交通費しか発生しないのであれば、交通費清算特化型のほうがシンプルでわかりやすく、使いやすいでしょう。他の機能がついていると、その分導入や使用に関しての費用が高くなってしまうこともあります。使わない機能があっても無駄になるだけですし、その分が余計な経費となってしまいます。必要な交通費清算のシステムだけを導入しましょう。

わずらわしい操作は苦手

交通費と経費が精算できるタイプのシステムは、清算できる経費が多い分、覚えなくてはいけない操作はたくさんあります。導入の段階で操作が難しいと感じてしまうと、せっかく導入しても使わなくなってしまう可能性があるでしょう。とにかく簡単で操作がわずらわしくないシステムが良いという人には、交通費清算特化型がおすすめです。

交通費+経費精算型がオススメな人

勤怠管理も必要

会社に来て仕事をするのが、普通で考えられる勤務形態です。しかし、最近は様々な働き方ができる会社も増えました。雇用はしているけれど、作業は会社ではなく自宅で仕事をする、という働き方をしている人は、テレワーカーと呼ばれています。この場合、会社にいるかどうかでちゃんと働いているかを確認できる社員と違い、ちゃんと管理をしなくてはいけません。その際に役立つのが、経費精算型もできるタイプのシステムです。システムを導入することで楽に管理ができるでしょう。

在籍しているスタッフが多い

在籍しているスタッフが少なければ、わずらわしく多く発生する交通費だけシステムを導入し、その他の経費は違った方法で管理をするという方法もおすすめです。しかし、在籍しているスタッフが多いと、ちょっとした経費も大量になり、清算が非常に面倒と感じてしまうでしょう。発生する経費の種類は少なくても、在籍しているスタッフが多く数が増えてしまう場合は、経費精算もできるシステムをおすすめします。

システムで一括管理したい

いろいろな管理方法で交通費は経費を管理していると、あの経費はこっちで、交通費はあっちで…と面倒なことが増えてしまいます。それでも効率よく管理できていればよいのですが、面倒なことはできるだけ避けてシステムで一括管理したい、という場合は経費精算もできるシステムを選びましょう。様々な経費が発生しても、このシステムを使うだけでいいと考えれば、清算も楽になります。

何かと利害がぶつかりやすいのが、経理職と営業職。一体、どのような点が争いを生むのでしょうか…?

双方の言い分を調べてみると、毎月設けられている交通費精算の締め日に、新たないがみ合いが生まれていることがわかります。
些細なきっかけで、とても大人同士とは思えないほど感情的なバトルが開始してしまうこともありますから、周囲もヒヤヒヤもの。早いうちに何とか解決法を考えたいですよね…。

経理_イラスト 営業_イラスト
経理_イラスト
  • どいつもこいつも、期日を守ったためしがない!
  • 定められた交通費申請ルールを守らず、いい加減な申請をしてくる!
  • 突然やってきて、それまでの仕事を中断させる!席にいないだけで怒られる!
  • こっちだって仕事なのに、イヤな顔をされる差し戻しが憂鬱!
経理の言い分編
「なんで毎月毎月期日に遅れるの!」
経理の言い分編
「なんで毎月毎月
期日に遅れるの!」
営業_イラスト
  • 調べるのが面倒!提出しに行くのが面倒!印刷するのが面倒!作業自体が邪魔!
  • 月末の忙しい時に、なんでこんなことしなくちゃいけないの!
  • 自分の定期圏内を抜いて計算するのが、本当に面倒!
  • 申請書がいまだに手書きで面倒!
営業の言い分編
「こっちはその時間でテレアポしたいんじゃ!」
営業の言い分編
「こっちはその時間で
テレアポしたいんじゃ!」

双方の主張を解決する
交通費精算システムを
探しました!

どちらも
幸せになる
解決編

経理/営業双方が満足できる、円滑な交通費精算を実現する方法があった!毎月の作業にうんざりしている人たちを救う、夢のような精算システムが、すでに存在しているのです。
経理VS営業で無駄な争いを展開するより、力を合わせて上層部に導入を嘆願しようではありませんか。

どちらも幸せになる
解決編を詳しく見る

ひとことで「精算システム」と言っても、交通費のみ、経費+交通費など、さまざまな種類があります。
その内容について、業種を鑑みず、また詳しく比較検討せずに導入してしまうと、使わない機能がたくさんあって、無駄金を延々払うということにもなりかねません。以下のページを設けてみましたので、ぜひチェックしてくださいね。

IT企業

IT企業

ここ数十年の間に、急速に発展したのがこの業種。専門用語を駆使し、最先端の技術を取り扱っているのに、経費や交通費精算のシステムは旧態依然のまま…、というケースも数多いようです。

飲食・小売店

飲食・小売店

慢性的な人手不足が取り沙汰されているのが、この業界。ヘルプスタッフの数も含めると、月々の交通費精算の数が膨大で、処理が大変と考えている店長さんも多いのではないでしょうか?

不動産業

不動産業

とかく外出が多いのが、この業界です。その交通費や経費をスムーズに清算するシステムを導入することは、業務の効率化に大きく貢献してくれるはず。業界に従事している方は、ぜひ注目を。

テレワーク

テレワーク

ネット環境さえあれば、いつでもどこでも仕事ができてしまうのが、テレワーカー。ただし企業雇用型の場合、勤怠管理を行わなければならないので、システム導入を検討する必要がありそう。

民間教育

民間教育

少子化にもめげず、活況を呈す学習塾業界。経費はさほど必要ない業界と言われますが、校舎間を移動する交通費の精算が煩雑だと感じているスタッフも、多いのではないでしょうか?

  • 使える安いシステムはどれだ!交通費精算特化型システムを比較
  • 経費も交通費も楽に精算!交通費+経費精算システムをチェック
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部
あなたの会社を円滑にするシステムを探すお手伝いをするWebマガジン 「システムランサー」編集部